シミそばかすに効く!美容エステを探ろう

>

シミやそばかすに悩んでいるあなたに

シミやそばかすとは一体どうしてできるのか

シミとそばかすは一般的に体がメラニンを多く生成してしまうことによってお肌のターンオーバーに影響を及ぼしている状態です。
そばかすは遺伝的なところが多いことが特徴です。鼻のまわりに薄くて小さなシミがポツポツとでき、多くの場合は大人になるにつれなくなっていきます。しかし紫外線を多く浴びてしまうと炎症を起こしたりと、悪化してしまうという特徴を持っているのでケアは必須です。
シミは後天的な要素が大きく、紫外線による影響が強いとされています。加齢によって現れたり、妊娠を機に増えたりする場合も多いようです。一度できるとなかなか消えないので、増やさないケアが必要とされています。
ちなみシミと一括りにしまいがちですが、実はシミはいくつかの種類に分けられます。

シミの種類

老人性色素斑(日光性黒子)とは
一番多いとされているのが老人性色素斑です。30代以降にあらわれることが多く、紫外線を浴びることによって蓄積された肌へのダメージが色素沈着して、長い年月をかけて肌の表面にでてきます。
肝斑とは
左右対称にできることが多く、広い範囲でできてしまうのが特徴的です。大半が女性に見られる種類で、そばかすに似ており、30代もしくは妊娠中に現れることがあり、年を追うごとに薄くなっていくのが特徴的です。
脂漏性角化症とは
高齢者に多くみられるシミです。原因はいまだわかっていませんが、特に影響がなく体中どこにでもできるのが特徴です。色調が強いと皮膚がんと間違われることもあり注意が必要です。
皮膚がんとは
稀に色調の強いシミはガンの可能性があります。徐々に広がったりしこりになったりするのが特徴的です。気になることがあればすぐに皮膚科を受診しましょう。


この記事をシェアする